未分類

車検代の後払いって恥ずかしいかな?

投稿日:

車検料金というのは車種の大きさによって変わるものであり、1500クラス以下の軽自動車になると平均相場で3万5千円が相場になり1500クラス以上になると5万500円以上が目安になります。検査料金の3万円から5万円という額は、法律で決められているのと安全に走行するために必要事項とはいえ負担が大きいと感じてしまいます。例えば冠婚葬祭が続いたことで手持ちのお金が少なくなった時に、偶然車検の時期と重なってしまうということはよくあります。車検を通らないと車を走らせることはできないので困るが支払えば手持ちが少なくなり後の生活が困窮するのは避けたいというのは当然です。そこで手持ちが少ない人が考えるのは、この車検費用を後払いする方法がないのかということです。
基本的に後払いはできないようにしていることが多く、それは検査を受けた後に証明書を発行した段階で公道を走っていいので後払いにしてしまうと車検代を踏み倒す人がいる場合を想定しているからです。この理由で全額後払いはできないのですが、ただし全額後払いは無理でも一部の費用を後払いにすることは可能な場合があります。基本的に車検を受けるためには購入したメーカーの車検代行業者がいる整備工場や各自治体の陸運局に申請して行うことになり、この場合だと一括で検査を終わらせられる手軽さがあるが当日での現金及びカード支払いしか受け付けていないので後払いにすることは無理です。
ただし車検というのは購入したメーカーの整備工場や各自治体の陸運局に申請するだけが手段ではないです。それ以外では厳密なルールをクリアして認定されているカー用品店や民間の整備工場そしてガソリンスタンド、さらに車検だけを取り扱っている車検専門店で受けるというのも手段としてあります。これらの検査機関であれば、全額は先に言ったとおりに踏み倒しを防ぐために無理ですが一部はできるようにしています。
その理由としては車検の金額の内訳の中には、すでに法律で決められている金額と安全性を高めるために工場が整備するための費用に分かれているからです。法律で決められている金額というのは自動車重量税と自賠責保険料金そして検査手数料の3種類になり、これは国に支払うお金なので絶対に前金で支払う必要性のあるものです。そして後者だと法定整備費用と申請代行手数料と部品や消耗品の代金と整備費用そして事務手数料というものがあります。これは法律で指定されているお金ではなく、安全性を高めるために行うものなので必然的に工場の利益になるものです。
この法律で決められているお金ではない費用については、事前にメーカー側と事情があって支払いができないことを伝えれば応じてくれることがあります。応じてくれた場合には連絡先の交換をした後に支払方法を決めることになり、例えば現金によるコンビニ支払いやカードのリボ払いそして給料日を指定してその日に支払うボーナス支払いなどを指定すると後払いでもよいということになるのです。

-未分類

Copyright© 自動車整備士の会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.