未分類

車検費用について考えたみた

投稿日:

車検は自動車が法律で決められた保安基準を満たしていることを確認するための点検作業です。指定された検査項目に一つでも不具合があるとその自動車は公道を走行させることが出来ません。車検に通るためには検査項目すべてに不具合が無い、走行に支障が無い状態と判定される必要があります。そのため、場合によっては部品の交換や消耗品の補充を併せて行うことも珍しくありません。修理や部品の交換が多いとそれだけ追加費用も増えるので、車検を受ける際には予算に余裕を持たせることが重要になります。特に新車同様の状態に改善させるためには修理などの作業も増えるので、それだけ費用も嵩む傾向があります。

車検に要する費用は大別すると法定費用、車検基本費用、そして部品交換費用の三つです。この内、法定費用はすべての自動車に対して車種ごとに法律で決まった金額が課せられます。そのため、どの業者に車検を依頼しても法定費用には違いがありません。法定費用は更に自動車重量税、自賠責保険の保険料、車検の検査手数料に内訳されます。これらは車両の重量やナンバーの数字ごとに違いがあるのが特徴です。車検基本費用は24ヶ月定期点検、測定検査、車検代行または事務の料金を含めた費用です。車検基本費用には人件費が加算されていることから、同じ車両でも業者ごとに金額が変わるのが特徴です。部品交換費用は名称の通り、劣化や破損などの理由で交換や修理を行った際に生じる費用です。車両の状態によって金額が大きく変わる他、交換や修理を行った部品の価格も反映されます。そのため、車検基本費用と同様に業者によって金額が変わる項目でもあります。

同じ車検でも車両の状態や作業を依頼した業者によって費用が大きく変わります。一般的に部品交換や修理を行うことを前提としたディーラー車検は費用が高額化しやすい傾向があります。その一方で業者に依頼した際に生じる代行手数料がかからないユーザー車検は最も安く済ませることが出来る方法として知られています。車検の受け方はそれぞれ長所と短所がありますが、費用の面から見れば代行手数料など余計な出費が無いユーザー車検は家計への影響が少ないのが利点です。一方でわずかな不具合でも部品交換などを行って改善させるディーラー車検は費用が嵩むものの、車両の状態が良好になって戻ってくる魅力があります。費用と車両の状態を照らし合わせて、納得出来る方法を選ぶのが損をしない車検の受け方です。

とはいえ車検代費用を抑えたいのは皆さんが思うところです。そんな方には楽天車検をオススメします。詳しくはこちらへ

 

-未分類

Copyright© 自動車整備士の会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.